シンママと息子と時々わんこ

貧困育ち経験者のシンママによるブログです

地域に根付く

今月は保育園の運動会やら、町内のお神輿といったイベントが盛り沢山です♪

本日は、朝からお神輿の飾り付けに行ってきました。私が住んでる町内では、年齢に応じて担ぐお神輿が変わります。息子君たち小さい子は花神輿という発泡スチロールにたくさんの飾りを付けたお神輿を担ぎます。

基本的に町内のイベント事には、用事がない限り参加するようにしています。子供同士の触れ合いもそうですし、地域のこともわかるので、いずれ回ってくる役員のこともあるので助け合いの意味も込めて、周りとの関わりは大事にするようにしています。

私は離婚しても、結婚時と同じ地域に住んでいます。なので、ある程度今の地域のことがわかるので、そういう意味ではかなり楽です。

元家が近く過ぎて、びっくりされることもありますが、気にしない気にしないと自分の心に言い聞かせています(笑)

結婚していて、まだ子供がいないころ、とても親切なご近所さんがいて、お祭りなども声をかけてもらって一緒に行っていました。ご近所さんとは母と娘ほど歳は離れていましたが、子供が生まれてからも子供を連れて一緒にお散歩したり、私がちょっと家の用事をする時には子供をご近所さん宅に預けて、家事をしたりとほんとに助けてもらっていました。

ご近所さんはご夫婦共にとても優しく、誰とでも仲良く話されてて、いつかこんなご夫婦になりたい!っていうぐらい憧れのご夫婦でした。

ご近所さんいわく、「昔は全然いろんな人と話せなかったよ。年齢と共に揉まれて話せるようになっただけだよ(^-^)」とのこと。

 

そういう経験からほんとに住む場所は大事だなぁって思います。市営住宅に当選する前に賃貸に少し住んでいたのですが、近所付き合いらしいものがなく、凄く孤独を感じて逆に私には辛かったです。

市営住宅に引っ越ししてからもさほど近所付き合いはありませんが、それでもお隣さんが時々差し入れとか持って来てくれて、そういうのがやっぱり私はたまらなく嬉しくてホッとします。人の温かさ、ほんとに有難いです。

 

いつかこの親切を私も誰かに返せていけたらなと思います。

 

 
シングルマザーランキングへ