シンママと息子と時々わんこ

貧困育ち経験者のシンママによるブログです

私が離婚した理由③

結婚への思い

 元旦那にたくさん不満はありました。子供が生まれる前、度重なる暴言で正直離婚したいと思ったことも何度もありました。口に出したこともあります。始めは、親に相談することも出来ませんでした。親に相談したら、心配をかけてしまう。私の実家は元々お金に苦労して、親戚の中でもどこか貧乏くじのような存在でした。

大学も行っていない、子供が一人も結婚していない、私は心のどこかで自分の家がいつもバカにされているような気がしていました。だからこそ、少しでも母の自慢になりたかった。周りはそんな目で見ていなかったかもしれないけど、私にはそう見えていました。

だから、自分の人生を変えたかった。高卒でも、小さいな会社の事務員でも、結婚式をあげていなくても、たとえ中古でも、家を買って、子供がいて、立派に生活してる!って周りに証明したかった。

私はただただ温かで幸せな家庭を築きたかった。だから、元旦那の暴言から逃げたいと思う気持ちと別に元旦那と幸せな家庭を築きたいという相反する気持ちがいつもありました。

子供が出来れば変わるかもしれない。

それは淡い期待でした。子供の育児を手伝わない元旦那に私は腹を立て、逆に元旦那は子供ばかりを優先する私に腹を立て、目に見えない溝は広がり続けていました。

そして、離婚の大きな要因となるある事件が起きました。

 

突然、自宅が売り家に出されたのです。

私の離婚理由になっただろう最大の要因は結論からいうと、元旦那が私に相談なく自宅を売り家に出してしまったことです。

 

元旦那の欲しい欲しい病は前回の記事に書きましたが、最終は家の買い替えにまでいってしまいました。そうさせてしまった原因は私自身にもありますが、家ってオークション感覚で相談なく売り家に出せるものなのでしょうか?

私なりになんとか深まる夫婦の溝を埋めようと努力しました。お互い歩み寄るのに二年近くかかりました。そして、少しずつ持ち直しかけた時、私はあるミスを犯しました。

元旦那に「いつかは綺麗な家に住みたいね」って言ってしまったんです。

私と元旦那は当時同じ職場で、会社は昔不動産業もされていたので、家の仲介などもすることができたんです。それをいいことに元旦那は自宅を売り家として突如出してしまいました。すぐに売れる金額ではなかったものの、私はあまりのことにびっくりしました。いつかはって言ったけど、そんなすぐのつもりでなんて話してないし、なんでいつもいつもこんな大事なこと突然しちゃうの?!家族ってなに?

今の家だって、すごく大事で大好きで、ここに一生住むつもりで近所付き合いや町内会や家族が住みやすいようにいろいろ私なりに努力してるのに、何で仕事の都合とかじゃないのに売り家にして住み替えようとするの?訳わかんない。なんで、なんで、次から次に私の悩みを増やすの?たった数年の結婚生活の中で何度泣き、何度悩んだろう。

私はただ穏やかに暮らしたいだけなのに…

 

つづく

             「悲しい イラス...」の画像検索結果

 ポチっとしていただけると嬉しいです


シングルマザーランキングへ