シンママと息子と時々わんこ

貧困育ち経験者のシンママによるブログです

私が離婚した理由②

元旦那って、どんな人?

 

↓ 以前こちらの記事で、元旦那の性格や言動に少し触れています。

maronten.hatenablog.jp

 

元旦那は基本的に物に関しては、飽き性ですぐに欲しい欲しい病を発症してしまい、とにかく思い立ったら我慢出来ない人でした。携帯とかすぐに最新機種に乗り換えたいタイプです。私は正反対で、いつまでも古い携帯をずっと使っているようなタイプです。

 

例えば趣味も、当時4.5畳の納戸の小部屋があったのですが、突然大きな水槽を何個も買い、そこでナマズやら、ウーパールーパーを飼いだし、それもいつしか飽きて、最終納戸は使わない巨大水槽だらけになりました。本人は水槽をオークションに出品して処分すると言っていたのですが、なかなか動いてくれず、一時期、納戸とその隣の和室の部屋はごみ屋敷状態に。飽きやすいのに何故かかなり本格的にやり始める元旦那の性格に私はほとほと困っていました。

(あまりの水槽の数で湿度が上がり、隣の和室の畳がカビだらけなるという異常事態まで起こりました。そのピンチを救ってくれたのは元旦那ではなく実家の母や兄でした。畳をふき取り、畳を全て上げ、とにかく通気をよくして乾かしました。本当にこの時も大変でした。)

 

そして、はじめは相談してから行動していた元旦那も私に相談する度に反対されることに嫌気がさしたようで、事後報告するようになっていきました。

何より問題だったのは、旦那が欲しがるものが高すぎることです。

 

ワンコの次に車を欲しいと言いだしたのですが、車を諦めるから変わりに太陽光発電を設置したいと言いだした元旦那。太陽光なら売電もできるし、車より経済的だと私も賛成したのですが、結局その後押し切られる形でワゴン車も購入することに…。(当時、元旦那が購入した車と別に私の軽自動車がすでにありました)

何か言えば、理不尽にキレられることもあり私もどんどん何も言わなくなりました。私の中の不満という小さな種は徐々に徐々に大きく成長していきました。

 

子供が生まれて、やっとこれからワンボックスカーが役立つと思った矢先には、突然車を売りとばし、高級バイクのハーレーを相談なく買われてしまいました。

ほんとに意味がわかりませんでした。仕事はまじめで結婚当初より稼いでくれていたのはわかりますが、家族の為というより自分の為にばかりお金を使う元旦那がどんどん許せなくなっていきました。私も働いていたし、借金まみれというわけではありませんでしたが、さすがにハーレーは高く、元旦那は住宅ローンとは別に200万ほど自分で勝手にローンを組んでいました。言えばキレられる、子育ては協力してくれない、首が座らない我が子を必死抱っこして、ワンコの散歩に毎日行って、子供が熱を出せば一人で病院に連れて行って、ほんとにほんとに辛かった。

育休が明けてからは、元旦那の方が遅い出勤時間にもかかわらず、保育園の送りも手伝ってくれず、いつも一人でバタバタしていました。

 

私の不満の種はひたすら大きくなるばかりでした。

 

つづく

                                                 「夫婦喧嘩 無料...」の画像検索結果

ポチっとしていただけると嬉しいです


シングルマザーランキングへ